KIYOSHI TSUKUI

津久井 清(つくい きよし)
東京生まれ
1970年  尚美音楽学園卒業。長谷川博・斉藤賀雄各氏に師事。
       朝日生命ホールにてリサイタル。
1971-74年 NHK及び各スタジオにて録音活動する。
1974年  ウィーン国立音楽大学にてH.レズニチェック教授に学ぶ。
       K.エールベルガー教授、W.パーンホーファー教授、H.カン教授各氏に室内楽を学ぶ。
1976年  ウィーン市立コンセルヴァトリウムにてG.ヘヒテル教授に学ぶ。
       スイス・ボスヴィルにてM.モイーズの講習会に参加。
       サンクト・ペルテン歌劇場にて活動。W.バリリ教授に室内楽を学ぶ。
1978年  ドイツ・バードヴィッセーにてオーケストラ活動をする。
1979年  国家試験に合格。教授陣全員一致の最優秀賞を得て卒業。
       マンナースドルフ音楽学校の講師を勤める。
1980年  ミュルツツーシュラーク市立ヨハネス・ブラームス音楽学校の講師。
2000年  同校の副校長に任命される。
ORFオーストリア国立放送局に出演。
現代芸術祭「シュタイヤーの秋」にレギュラー出演。
リサイタル、室内楽等々、ソリストとして活動。
長年、「日・墺の文化の架け橋」として、友好・文化交流の活動を続けている。
日本での演奏旅行は隔年行なっている。(横浜は2007年に続いて6回目)
オーストリア国籍を取得し、帰化。
ウィーン在住。

  
ERIKA WILFLINGER

エリカ・ヴィルフリンガー
オーストリア・シュタイアーマルク州生まれ
1972年  グラーツ国立音楽大学にてG.ヘヒテル教授に学ぶ。
1975年  オーストリア青少年音楽コンクール第1位。
1976年  国家試験に合格。
       フェルトキルヒ及びオーバーシュッツエンで室内楽講習会を受講。
       オーストリア・ユーゲント・フィルハーモニーと共にベルリン、スイス等ヨーロッパ各国で
       演奏、ソリストを務める。
       ORFオーストリア国立放送局に出演。
       ソリストとしてブリュッセル、リヨン等でフルートコンチェルトを共演。
       ベルギー国立放送局、フランス国立放送局等に出演。
1977年  イギリス・スコットランドにてオーケストラ・フェスティバルに参加。
1978年  グラーツ音楽大学を最優秀賞を得て卒業、文部大臣賞を受賞する。
現在、カプフェンベルク市立音楽学校にて講師。
室内楽及びソリストとして活動。
長年、「日・墺の文化の架け橋」として、友好・文化交流の活動を続けている。
日本での演奏旅行は隔年行なっている。(横浜は2007年に続いて6回目)
ウィーン在住。   

ADOLF HENNIG

アドルフ・ヘンニック
オーストリア・シュタイアーマルク州生まれ
グラーツ国立音楽大学で教育音楽、ピアノ、指揮法学び、最優秀賞を得て卒業。
1979-2000年 バード・アウスゼー音楽週間の芸術監督を務める。
現在、グラーツ国立音楽大学において正教授として指揮者のためのピアノと作曲学を教え、
アイゼンシュタット州立ヨーゼフ・ハイドン音楽学校においてアンサンブル指揮とピアノ伴奏法を
教えている。
国際コンクールでの伴奏及び審査員としても活躍し、多数の初演曲を演奏している。
また、アレンジャ−としてサビーネ・マイヤー、ウィーン六重奏団、ドイツ・ブレーメン室内楽奏団の
ための編曲も多数手がける。
モーツァルト、チェルハ、ビゼーのオペラプロジェクトにも参加し、録音プロデューサーとして
モスクワ放送管弦楽団、ウィーン・アカデミー、ザルツブルグ宮廷音楽の録音を手がけ、
パスティチョ放送文化賞を受賞するなど、マルチ音楽家として才能を発揮している。
オリジナル楽器からモダン鍵盤楽器奏者として、またソリスト・室内楽奏者として、
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン放送管弦楽団、アンサンブル・ディ・ライエ、
コントラ・プンクテ・ウィーン、グラーツ・フィルハーモニックオーケストラ、ウィーン室内オーケストラ、
アンサンブル・ウィーン、ウィーン・トーンキューンストラオーケストラ等々との共演、
また、ニコラウス・アーノンクール、ウラディミーア・フェドセイエフ、ファビオ・ルイージ、
ジョルディ・サヴァル、フリードリヒ・チェルハ、アンドレ・プレヴィン等々多数の指揮者と共演を続けている。
横浜での公演は2007年に続いて5回目。