KIYOSHI TSUKUI   ERIKA WILFLINGER
the 3rd FLUTE DUET CONCERT at the Space of TERRA
〜 夢と希望・虹の明日へ 〜
ADOLF HENNIG(Piano)

2003年8月2日
コンサートレポート



穏やかに晴れた8月最初の土曜日、
おなじみのフルート・デュエット・コンサートが
横浜市磯子区の宝積寺テラノホールで開催されました。
(主催はNPO国際神奈川)

津久井清さん、エリカ・ヴィルフリンガーさん、
そしてピアノのアドルフ・ヘンニックさん。
ここでのコンサートを本当に楽しみにしてくれていた3人の素晴らしい演奏に
満員のお客様もスタッフも、皆うっとりと聴き惚れた午後でした。

2本のフルートとピアノがじゃれあって遊んでいるような曲があるかと思えば、しっとりと郷愁を歌い上げる曲があったりして。
津久井さんが曲の合間にしてくださるいろいろなお話のように、演奏曲もバラエティに富んでいます。
今回の“目玉”は、なんといっても「春の海」では
なかったでしょうか。
津久井さんはお二人に作曲者本人の演奏による
レコードを聴かせただけで、アレンジに関しては
まかせっきりだったそうです。
またヘンニックさんは、このコンサートの前に滞在していた愛知県で、しばしの間海を眺められたとか。
エリカさんとヘンニックさん、二人のオーストリア人が感じとり表現された日本の春の海。
非常にたくさんの方から「感激!」のお言葉をいただきました。
前回「ぜひぜひ聴いてみたい!」と思っていたヘンニックさんのピアノソロ。
当日になって突然「やりましょう!」と決めてくださいました。
ウィーンの空気がそのまま運ばれてきたかのようなシューベルト、とっても素敵でした!
前回に引き続き、伊豆・宇佐美の工房で創作活動を続けられている
樋村允彦さんの作品たちが、コンサートをさらに華やかに彩ってくれました。
「ゆっくり見られなかった!」という方のために、
1階の小ホールに飾られていた作品の一部をご紹介いたします。
      

これまでのフルート・デュエット・コンサートのレポートを読む