活動日記(3)


[ 横濱リバーサイドフェスタ at 大岡川・中村川 ]

2000年11月25日(土) 快晴

「大岡川・中村川で遊ぼう!」というイベントに、臼井と臼井(も)が参加した。

船に乗って大岡川〜中村川をぐるっと回ったり、子供たちが夢中になって描く川の絵を眺めたり、屋形船のステージから流れるブルースに聴き入ったり・・・。
天気にも恵まれ、絶好の川遊び日和だった。

このイベントは横濱リバーサイドフェスタ実行委員会が主催したもので、市立本町小学校の生徒たちやヨコハマ未来地図づくり100人委員会などのボランティア参加によって行われた。

楽しいイベントの数々(すべて無料でした!)
「船でぐるっと大岡川」見学会」

ボートに乗って大岡川〜中村川を回るコースと、屋形船でMM21〜新山下方面を回り中村川を通って大岡川に戻るコース。いろいろな橋の下をくぐりながら今まで気付かなかった横浜の一面を見つけたりして。
「ロコサトシとライブペインティング」

ベニヤ板をつなげた長〜いキャンバスに、子供たちが川を描きます。狭くなったり広くなったりしながら、川はどこへ流れていくのかな?色とりどりの魚たちやカニ、それにイカ、タコ、クジラもいるぞ!?
川描き隊のリーダーになってくれたのは、市営バスのポップな絵や本牧ジャズ祭などでおなじみのアーティスト・ロコサトシさん。
「屋形船ライブ」

橋のたもとに浮かぶ屋形船。その屋根の上がステージでした。ユラユラしてるのに、みなさん怖さも忘れて思いっきり演奏されてました。
「子供たちが描いた21世紀夢の川絵画展」

市内の小学生たちが描いた「夢の川」。こうなったらいいなーという彼らの「夢」は、うなずけるものもあり、思わず苦笑してしまうものもあり・・・。
この他にも、本町小学校4年生のみんなは事前にいろいろな活動をしてくれました。
・川の清掃
 会場となる都橋付近の清掃をしました。
・花の飾りつけ
 会場付近の川沿いの鉄柵をハンギングバスケットに植えた花で飾りました。
・大岡川の調査
 生態系や水質の調査、なぜだか川に捨てられているゴミ等を調べて、グループごとにレポートを発表しました。
これらの活動を一緒に手伝ってくれたボランティアのみなさん、ありがとうございました!
< 参加者より >
  とかく存在を忘れられがちな都会の中の川。横浜の川がそこに住む人たちにとってもっと身近な存在になったら、集いたい場所になったとしたら、どんなにか素敵なことだと思う。少なくともこのイベントに参加した人たちは川と触れ合う楽しさを感じたはず。実際、波に揺られながら青空を見上げるのはなんとも心地よかった。こうしたイベントがボランティアによって自発的に行われるということは、横浜の川もまだまだ捨てたもんじゃないかな?(臼井も)