活動日記(2)



[ 横浜市立北綱島養護学校運動会 見学 ]


2000年10月1日(日)

横浜市立北綱島小学校と同じく市立北綱島養護学校の合同運動会を、青木と青山が見学した。
市立北綱島養護学校は、1992〜95年に設計監理をした学校であり、この機会に利用状況などを確認させていただいた。

養護学校の生徒達が、北綱島小の児童達と一体となって運動会を楽しんでいる様子を見て、日頃からの交流を感じた。

現在の生徒数は、高等部ができたこともあり、45名程となった。
設計時には35名程度の生徒数で考えられていた為、教室数も職員室も、またそれ以外の空間も、完全に手狭になっていた。
生徒、先生とも来年度さらに増えるので、今後どうするか思案中とのこと。(現在、三和設計による高等部の為の増築工事中)


<担当者より>
・家具のエッジに木のボーダーを付けるなど、これが本来の像設計らしい
 優しい空間であると思われる工夫が各所に見られた。
・全ての生徒に介助が必要な為、養護学校のご父兄、先生方の精神的、
 体力的な大変さを思った。
 父兄室や職員室も、裏方ではなく、少しでも良い空間を提案しなくてはと
 考えた。(青山)
横浜市立北綱島養護学校
概要